• 本願寺神戸別院について
  • 沿革
  • 施設のご案内
  • モダン寺「図書館」
  • 本願寺神戸別院・兵庫教区のあゆみ
  • ホーム > 
  • 本願寺神戸別院について

本願寺神戸別院について

本願寺神戸別院について

遠い昔から、港を中心に交易の拠点として栄えてきた神戸の街。
幕末以降の海外との交流により、多くの異人館が点在し、南京町が広がるエキゾチックな町並みの中でも、
ひときわ異彩をはなっているのが本願寺神戸別院です。

そのインド仏教様式の斬新なデザインは、昭和五年に建てられた旧寺院より受け継がれたもので、
昔から今日まで神戸の人々にモダン寺の呼称で親しまれています。
当寺院は西本願寺直属の別院で、宗祖親鸞聖人の示された他力本願のみ教えを聞く、
聞法道場として建立されました。

平成七年に完成した現在の建物は、さまざまな機能と設備を持つ総合的な施設となっています。
震災後初の新築寺院となった当寺院は、神戸復興の先駆けとして市の要請によりライトアップされ、
神戸の夜空にその特異な姿を浮かびあがらせています。

宗派名 浄土真宗本願寺派
本山 京都・(西)本願寺
本尊 阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)